クレジットカードの作り方

先を見据えてカードの作成を考えよう

 

先の事を見据えて、考えてカードをつくろう - クレジットカードの作り方

 

 

 

クレジットカードの作り方

 

 

 

クレジットカードの作り方TOPページ > 人生設計に合わせてカードをつくろう

 

売れてる会社、例えば黒字の大きな会社でしたいもの。

 

 

クレジット・カードは、だいたい1人平均3枚持っているといわれます。これはバブル時代の人も合わせるので、たまたまそうなったのかもしれません。

 

 

 

あの頃はカード会社から、クレジット・カードを作ってほしいとハガキ案内が来たり、銀行からも普通に預金通帳を作ると同時に、クレジット機能付きのカードも作るようにすすめてもらっていたり、信販系カード会社を含め、とにかく、今のビッグ・カメラのカードとか、Tカードとか、コンビニのカードとか、そんなのをすぐに作ったりするくらいの身軽さで、どんどん勧められていました。

 

 

 

だから、当たり前ですが、作るのを断る事も多かったし、カードを頼ったりもかなりしました。

 

 

 

カードの作り方としては、今のような現実問題、不景気でまだ先行き不透明な、TPPに乗り出して大黒字の人と大赤字の人と二極化するかもしれないような大反対派と大賛成派が混在しているような時は、老舗のかたい会社のクレジット機能付きカードか、よく売れている会社のカードが作りやすいのではないか、と思います。三井住友系や、楽天とか、イオングループなどです。

 

 

 

ここは絶対不景気の風が吹いても大丈夫!と思える安定した会社なら間違いないと思います。

 

 

 

石油会社のクレジット機能付きカードは、一時期みんな持ってて良かったけど、ホルムズ海峡の閉鎖とか、よその事情などで左右されて原油の値段が上がったりすると、ガソリンでも値段がどんどん上がるし、ほんとに人が車に乗らなくなるし、クレジットカードもあんまり使えない、というか、今はもう持ってても使うのが怖くなる位ですし借金は返せる宛があってこそなので作る際、よくよく考えた方がいいと思います。今までさんざん分割払いとかクレジットとか、便利に使っていたので、私個人としてはカードがないというようなせいかつは考えられないです。

 

 

 

JRの定期券までカードで購入できるくらいだし、ちょっとした旅行でも交通費が高いときには翌月の一括払いではあってもカードが使えて便利です。

 

 

 

他にも高いスーツや、カバン、靴がいるときに分割払いで手に入れる人は多いですし、大事にカードは使っていますから…利息は少しくらいつくけど、あると便利なものです。