クレジットカードの作り方

クレジットカードは利用目的に合わせて作りましょう

 

クレジットカードは利用目的に合わせて作りましょう

 

 

 

クレジットカードの作り方

 

 

 

クレジットカードの作り方TOPページ > 利用目的に合わせて作る

 

クレジットカードは利用目的に合わせて作りましょう

 

 

日本国内で発行されているクレジットカードは1000種類以上にも及び、様々な分野や条件に合わせて多種多様に選ぶ事が出来ます。

 

 

 

例えば、
?ガソリン代や通話代等の割引がある
?ポイント還元率が高い
?特定の商品が安くなる
?キャッシングや銀行キャッシュカードと併用出来る
?旅行に特化されている
?デザイン(キャラクター物等)
?電子マネー付き
?年齢限定で利益がある

 

 

 

自分にとって一番使いやすいと感じるカードが良いでしょう。

 

 

 

クレジットカード加盟店であれば、お店で買い物をしてもその場で現金支払いをせず、いつでもツケ払いが出来ます。それは、カードを発行・管理している会社が、お店に対して利用分を必ず補償してくれるため、全く面識が無くても利用出来るのです。そして利用者は、お店にではなく、カード会社に指定の期日に銀行引落で支払います。

 

 

 

気を付けなければならない事は、当面手元にお金がなくても支払い可能な、便利さ故のカードの使い過ぎです。例え引落銀行口座に残高が少なくとも、クレジットカード利用限度額の設定金額まではツケで買い物が出来てしまいます。引落日までに残高が足らないと自動的にキャッシング扱いにされ、高い金利での返済を要求されます。そうやって利用額返済が出来なくなって苦しみ、最悪自己破産になる方もおられます。

 

 

 

カード支払いをすると、メールで利用額が送信されたり、カード会社のWebサイトで利用内容や累計金額が確認出来ますので、活用するようにしましょう。それらさえ気を付ければ、いつでもチャンスを逃すことなく商品を手に入れる事が出来ますので、大変便利です。そして、カードを上手く使う事によって社会的信頼を築く事も出来ます。

 

 

 

一生に一度の大きな買い物をする時などに住宅ローンを組みますが、それらローンの審査ではクレジットヒストリーが大変重要になります。

 

 

 

クレジットヒストリーとは、カードやキャッシングなどの利用履歴のことで、銀行等は「毎月遅延なく支払能力のある顧客か」を審査対象にしています。この履歴が良ければ、自分の年収や就業形態にかかわらず、より大きなローンを借りる事が可能になってきますが、年収等が良くてもクレジットヒストリーがなければ、審査基準がない為に、簡単なローンも通らなくなってしまう場合が多いです。

 

 

 

定期的に収入があればカードは作れますので、就職したらすぐに作っておく方が良いでしょう。

 

 

 

カードの作り方は簡単です。
1.店舗窓口などで申し込む
2.自分の口座のある銀行で申し込む
3.カード会社のWebサイトから申し込む

 

 

 

お勧めはWebサイトです。自宅からパソコンやスマートフォンなどで簡単に申込が出来、審査が早く、1〜2週間でカードを発行して頂けますし、年会費無料の会社が多いです。ポイント還元率も高い物が多く、先述したように利用内容を管理しやすいです。

 

 

 

クレジットカードは、目的に合わせて計画的に利用するようにしましょう。